マカサプリメントランキングMaca Ranking Male&Female

メインイメージ

個人輸入とマカ

貴重な輸出資源としてペルー政府は法律によりマカそのものの国外への持ち出しを禁止しています。
そのように聞くとなかなか手に入りずらいのかと思われがちですが、加工されたマカは積極的に輸出されていますから、一般の方々でも手に入りやすくなっています。
薬局や通信販売などでもよく見かける方もいらっしゃるはずです。
このように色々なお店で販売されているほど身近になって来ていますから、その効果についてもよく耳にします。
中にはインターネットなどを通して個人的に輸入したいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
個人輸入をする際はいくつか注意すべき点があります。

個人輸入で購入したものは、他の人に転売することが許されていません。
あくまでも、個人で利用する目的で、個人の責任でのみ個人輸入は認められています。
近年、副作用の心配なく安全でありながら、あらゆる症状に効果を発揮する食品としてマカは注目を集めているので、一獲千金のビジネスチャンスのように思えますが、個人輸入の場合は自己責任、自己利用でのみ認められていますから、注意が必要です。
また、自己責任でのみ認められていますが、もし服用していて体調に異常が生じた場合は自分で判断してしまうのではなくて、すぐに使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

また、個人輸入する場合、自分でどんな商品が自分にとってふさわしいかを選ぶわけですが、その際に注意すべきなのが、多くに国で商品として認められている場合でも、日本の法律では医薬品の成分として定められているものがあるということです。
よく注意して選ぶようにしましょう。
その点で、すでに日本国内で商品として販売されているものはすべて日本の法律で許可されているものなので安心して購入することができるというメリットがあります。

そして、個人で輸入する際には一回で輸入できる量にも制限があります。
日本国内で販売されているものを購入する際にはそのような制限はありません。
個人輸入するか、国内販売のものを購入することにするかを考慮なさる上でこういった要素も参考にできます。